東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。

資金調達でお悩みの経営者様へ 資金調達に成功するためのサイト 資金調達&経営コンサルティング

保証協会の枠が一杯で、これ以上借りられない方

保証協会の枠が一杯で、これ以上借りられない方

信用保証協会による保証は、中小零細企業には無くてはならない制度ですが、
その割に制度の詳細を知らない経営者の方が多いと言えます。

その原因は、直接信用保証協会と話したり交渉したりするのは銀行であり、経営者 の方々にはどうしても縁遠い存在になっているからではないでしょうか。
では、信用保証協会と直接交渉をすれば良いのかと言えば、そうとも言えません。 勝手に交渉すれば、今度は銀行との信頼関係に問題が生じる場合もあります。
そこは、全てケースバイケースであり、素人判断では難しいと言えます。

さて、本題ですが「保証協会の枠が一杯」と言う理由で融資を断られた場合には、 まずそれが本当なのか、嘘なのかを確かめる必要があります。
銀行の担当者が嘘を言うのかと思われるかも知れませんが、やはり銀行も客商売ですから、融資をお断りする時にはなるべく担当支店の責任にはしたくありません。

ですから、「保証協会の枠が・・」、「本部の審査が・・」などと必ずしも本当の理由ではない理由で断られる事があります。
信用保証協会の100%保証を利用するのに何故銀行の担当者が嘘をつかなければならないのかと思うかも知れませんが、いくら100%保証でも実際に貸すのは銀行ですから、御社に対する事前審査に通らない事もありますし、銀行側の都合で貸せないこともあります。
そのような時、銀行の内情を言えませんので保証協会などに責任転嫁することがあります。

そのような時には、確かめなければならない事があります。
何故、嘘を言ってまで断らなければならなかったのかと言うことです。

銀行の都合であれば単純に銀行を変えれば良いのですが、御社に問題がある場合には、対策を立てずに次の銀行へと融資を申込んで行けば、全行に断られてしまう危険性があります。

勿論、保証協会に断られた事が本当の場合もあります。
そのような場合には、地域によって制度がない場合もありますが、
信用保証協会以外の保証を使う方法もあります。
そのような制度を使う場合には、最大1年の準備期間が必要な場合もございますので、お早めにご相談下さい。

資金調達についてのアドバイス一覧
東京 資金繰りのインタープロスへのお申し込みはこちらのページから
(C) Copyright 2009 Interpross Corporation All rights reserved.

東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。