東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。

資金調達でお悩みの経営者様へ 資金調達に成功するためのサイト 資金調達&経営コンサルティング

決算は赤字だが、挽回するための資金を借りたい方

決算は赤字だが、挽回するための資金を借りたい方

決算が黒字から赤字になれば、資金が黒字の時よりも多く必要になるのが普通です。
赤字になっても銀行への返済額は変わりませんし、赤字の補填もしなければならな いからです。
収支の黒字や赤字と、キャシュフローとは別とも言えますが、多くの中小企業は多 少のずれはあってもほぼ連動していると考えて差し支えないと思います。

黒字の時は、税引後利益と減価償却分で銀行の返済を行い、それでも足りない分を更なる借入で賄って来たと思います。
つまり、黒字で特に新たな資金需要の無い年は年間を通して見れば、銀行に返済する金額より、新たに借入を起こす金額の方が少なくなる場合が多く、全体の借入額も、その差額分少なくなります。
簡単に言えば、黒字であれば段々と全体の借入額を減らして行く事が出来ます。

逆に赤字の場合には、黒字の年よりも沢山借りないと回って行きません。
しかし、銀行は赤字の会社に貸したくはありません。
ですから、黒字の時と同じような借方をしていては、必要な額が借りられない場合 があります。

銀行としては、1期目の赤字はともかく2期目も赤字であれば、格付けを下げなけ ればならなくなる恐れがありますから、1期目の赤字の時に融資を申込まれると慎 重に検討することになります。
万一、2期目も赤字であれば、各付けが下がりどの銀行からも借りられなくなり、 倒産の危険が増し返済が出来なくなるかもしれないからです。

このような状態にある事を理解せず、黒字の時と同じ資料で同じ借方をしていたの では、仮に今回は借りられたとしても、二期目も赤字になった場合は、まず借りられないでしょう。

しかしながら、1期目の赤字の時の資料の書き方一つで、二期連続赤字になっても 融資を受けられる事があります。
このように、先のことまで考えて資料を作成したり、行動を起こすことが出来る力を財務力と言います。 赤字の時こそ、財務力の強化が必要なのです。

資金調達についてのアドバイス一覧
東京 資金繰りのインタープロスへのお申し込みはこちらのページから
(C) Copyright 2009 Interpross Corporation All rights reserved.

東京 資金調達、資金繰りのご相談を承ります。